高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年01月07日

「踏み台から落下。大変なことになる…」~本紙読者投稿より

ひざの痛みがやっと和らいで嬉しいと思うまもなく、突然に不幸がやってきました。
高神様のお花を変えようと思い、いすを持ってきてその上に乗り、花瓶を手にしたとき、踏み外して上向きに思い切り畳みの上に落ちたのです。

「ああ、これは大変なことになった」
と思い、痛いし水はこぼれて広がるし、あわててタオルで拭いて、気を取り直してお花をあげた。

頭は?首は?背骨は?と、心配は頂点に達した。とにかく腰が痛い。背中に湿布を貼って、コルセットをしめて時間が立つのを待つことにしました。

ちょうどその日は日曜日とあって、何もすることもできません。人間の体は強いように見えても脆いものです。痛さに堪えて、夜が明けるのを待ちました。

翌日、早速ひざの治療をしてくださった先生の所へ連れて行ってもらいました。診察の結果、骨に異常はなかったけれど、筋肉が痛みます。
「2~3週間はかかりますよ」
との言葉。手当てはしてくださったものの、そんなに早急に痛みはひきません。夜中に起きようとするのにも痛いこと痛いこと。
考えてみれば、自分の不注意から起こったケガです。何事も慎重に行えばこんな結果にはならなかった。気を引き締めなくてはと自分に言い聞かせました。(静岡県 T・M)

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る