高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2022年08月23日

養子として育てた子供から、私の面倒を見たくないとの理由で離縁を要求され…

私がまだ若い頃の話ですが、子供もおらず妻もいなかったので、自分の老後を考えて養子をもらいました。

その後、養子も結婚して子供も出来、親子3人で私とは別のところで生活をしています。

子供が結婚をしてからは、私は1人で生活をして来ましたが、最近は子供夫婦と一緒に生活をしたいと考えるようになりました。

ところが子供はここ数年前から、私と離縁すると言って来ました。子供が小さい頃から私が育てて大学まで行かせました。それらの費用は全て私が出して来ました。

子供に聞くと、私の面倒は見たくないので離縁をすると言っています。そのようなことが許されるのでしょうか。

答え

そのような都合のよいことは出来ません。

一度縁があって養子になった以上、血の繋がりのある親子と同じ関係にあります。離縁するについても離縁の理由がない限り出来ません。

 

たとえばあなたが子供を虐待しているとか、生活費を与えないなど悪意により遺棄等する場合であるとか、あるいはあなたの生死が3年以上も不明な場合がこれに該当します。

また、養子関係を続けることが難しい重大な事由があるような場合に限ります。

 

あなたのようなケースはこれに該当しません。

養子さんが離縁を求める動機が扶養にあるのでしたら、扶養の方法や公的扶助等もよく調べて相談をするようにしてはどうでしょう。

養子さんの生活自体が目一杯であるときは、養子さんがあなたの生活を扶養する義務を認めることが出来ないこともあります。

やはり公的な扶助も踏まえての話し合いを勧めます。

 

なお、強制的に養子夫婦をあなたと同居させることはできません。

仮に同居したとして、同じ屋根の下で円満に行く可能性は低いと思います。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る