高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年06月24日

犬猫ペット飼育急増~コロナ禍、癒しを求めて

新型コロナ禍の中、癒しを求めてペットを飼う人が急増―
一般社団法人ペットフード協会が先ごろ公表した2020年全国犬猫飼育実態調査でわかりました。

昨年新たに飼育された犬は前年比14%増の推計46万2千匹、猫は同16%増の推計48万3千匹でした。伸び率、飼育数とも過去5年で最も高く、飼い始めた理由は犬・猫とも「生活に癒し・安らぎがほしかったから」がともに約4割でトップ。
同協会では「コロナ禍の影響で、ペットとの生活に癒しを求めている」と推測しています。

ただ、動物保護団体などによると、しつけや世話の大変さから短期間で飼育放棄する例も。飼育費用は犬が年33万8千円、猫は年16万5千円と高額。ペットを飼うのは命を預かることです。

飼うのにはそれなりの費用と覚悟が必要です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る