高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2022年05月23日

ペットの年間費用 犬約35万円、猫約17万円

昨年1年間にペットにかけた費用は犬が約35万円、猫が約17万円で、どちらも前年より増加――。ペット保険会社のアンケート調査(2237人回答)でわかりました。

最大の支出項目は犬猫とも「フード・おやつ」で、年間約5~6万円。特に猫は、病気のための療養食や、健康のために質の良いフード・自然食品に変えたなどの理由で、前年比2割増となりました。犬で目立つのはサプリメント代で、約3割の増加。

自分よりペットに費用をかけているという人も多く、その項目を聞くと、約3割の人が「美容院(理髪店)」「医療費」と回答。「食費」という飼い主も2割いました。理由は「ペットにかかる美容代は惜しまない」「元気で長生きしてほしい」「できる限りの幸せを与えたい」など。

ペットファースト、愛犬・愛猫の健康第一という、飼い主の愛があふれる結果です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る