高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2021年10月19日

「昼の暑さは 半端じゃないが 夜は涼しい 虫の声」2021年10月入選作品|老友都々逸

老友新聞2021年10月号に掲載された都々逸入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天の位

昼の暑さは 半端じゃないが
夜は涼しい 虫の声

松本 タケ

自然と同化した人生が最も幸せで、羨まれる人生ではないでしょうか。率直な言葉使いでの表現が可。

地の位

陛下「祝い」の 言葉を避けて
開会宣言 慎ましく

櫓木 香代子

「私は、ここに東京2020パラリンピック競技大会の開会を宣言します」若き天皇陛下の姿を詠んで呉れたことが私達老人には嬉しい。

人の位

夏の定番 お化けの話
今はコロナで 恐がらす

鈴木 とく

夏は寄席(よせ)でも怪談の出し物が増えますね。

十 客

どうぞ食べてと 釘煮が届く
八十路妹(いもと)の 味自慢

向井 智恵子

いかなごの釘煮。幼魚は茶色く曲がっている。釘煮という名がいいですね

名残惜しそに 鳴く蝉の声
代りますねと ちちろむし

手銭 美也子

「ちちろむし」は「こおろぎ」の別名。夏から秋への生き物の囁きを捕えましたね。

昔 栄えた商店街も
今じゃ コロナの閑古鳥

惣野代 英子

徒歩や自転車で過ごせていた生活が、車中心となり、世界が拡がってしまいましたね。

入れてもらえば 気持はいいが
ほんに気がねな 貰い風呂

黒木 弘

我が家、銭湯、温泉場…など気兼ねの要らない風呂が一番ですね。

雨が降る降る お盆の村に
山がくずれて 家こわす

藤本 洋子

テレビが捉える映像に釘付けになりましたね。

五体満足 泣き事言えぬ
パラの選手の 活躍に

勝亦 はる江

一応は五体満足の我が身に引き較べて、何らかの障害を持たれるパラリンピック選手の方々の精神力の強さにホトホト感じるものあり。

五輪終わった お次はコロナ
早く終わりに せにゃ成らぬ

鈴木 曻

ホントにそうですね。

最多最多と コロナが最多
可愛想だよ 咲いた花

小林 良一

昔の文部省検定、小学国語読本巻一。サイタサイタサクラガサイタ。オヒサマアカイ…。全て片仮名で続く。その前はハナハトマメマス…。

水の流れに 我が身を置いて
止まらず戻らず 明日(あした)へと

天野 照華

生き方を水の流れに託す表現は古来よく使われていますが、決意の固さが頼もしい。

添い寝したいの 今夜も来てね
夢の扉は 開けておく

王田 佗介

こういうロマンチックな詠みも、たまには精神衛生に良し、としたい。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る