高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年06月23日

伝統守るための「GI制度」…仕組みや審査方法に疑問も

「夕張メロン」のように、地域の風土などと結びついた農産物・食品について、その名称(地理的表示=GI)産品の産地が特定でき保護する制度のことです。
現在、106産品が登録されています。ブランドを知的財産権として保護するのが目的とされています。

一方、書類審査を中心とする日本の制度は不十分との指摘も。今年3月、愛知県の「八丁味噌」をめぐり、老舗メーカーではなく、大手を含む業界団体の登録が認められ、波紋を呼びました。

伝統の味が守れなくなっては、ブランドの価値が減退する恐れがあります。産地や食文化を大事にする仕組みが求められます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る