高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年04月22日

「道路族」近隣トラブルとなるケースも…「道路族マップ」なるものも。

道路上で遊んだり、危険で迷惑な行為をしたりしている子どもや親のことを指します。
その場所を地図で示すインターネット上のサイトもあります。「狭い公道でボール遊びをしている子どもがいて危ない」「大声での立ち話がうるさい」などのインターネット投稿を基に作成しているといいます。

密集住宅地を走るドライバーの危機回避に貢献してきた側面があるのも事実。しかし、立ち話や子どもの遊びまで一律に騒音と決め付ける傾向には注意が必要でしょう。

「危険」は避けるべきですが、「迷惑」かどうかの線引きは難しく、非難一色にならないようにしたいものです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る