高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年11月17日

「高齢者の運転免許自主返納。私も物損事故の経験が…」~本紙読者投稿より

「年寄りの達者、春の雪」という諺がありますが、歳を重ねると、元気でも運動神経が鈍るのが世の常であります。

     ◇

以前聞いたニュースによれば、運転免許証自主返納の件数が全国で14万件あったそうです。75歳以上の高齢者の認知機能検査も強化され、死亡事故の減少もあって、一定の効果があったと発表されていました。

私も83歳の時に物損事故を起こし迷惑をおかけしました。一瞬のめまいに襲われて事故を起こしてしまいましたが、将来を考え、最悪の事態をも心に刻み、自主返納をいたしました。

返納すれば色々と日常生活に不自由を感じますが、サポートの恩恵もあり、感謝いたしました。

アクセルとブレーキの踏み間違いからの事故や逆走事故など、不思議に思うほどの事実があります。警察庁では自動ブレーキや最新の安全装置を搭載した「安全運転サポート車」に限る、限定免許の導入など検討。運転を自宅周辺に限るものや、混雑の少ない時間帯の運転に絞るなど議論があるようです。

ですが、自動車の改良や免許の限定がなされても、加齢による運動神経は日に日に鈍感になります。

     ◇

私の地区内で、93歳の老骨でも運転されている方がおり応援していますが、個人差があることを忘れてはいけません。  (島根県 S・M)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る