高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年04月12日

「免許証との別れ」~本紙読者投稿より

私は原付バイクに乗って40年になります。遠い茶畑の耕作にも、お使いへ行く時も、ずいぶん楽ですし、丁度良いスピードもあり、重宝しておりました。

ですが、3年前の免許の更新の際に思いました。
「この先3年乗れば上等だ。年齢も重ねるから、もう次の更新の際にはお返ししよう」
そうひそかに心に誓いました。

おかげさまで事故も違反もなく、ゴールド免許で乗っておりました。
月日の流れの速さには驚きます。3年間があっという間に過ぎていきました。
日常の生活の中でバイクに乗れないのは寂しい気持ちもしますが、3年前を思い出せば、今が潮時かもしれません。
誰に言われたわけでも無いけれど、頭を切り替えて、不便を承知で、これから先の人生を進んでいきたいと考えている今日この頃です。(静岡県 T・M)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る