高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2019年02月13日

遺産分割の話を切り出すタイミングって?…早いと不謹慎?遅いと相続税の申告期限が!

遺産分割の話をしようと思うのですが、いつその話を切り出したらいいのでしょうか。余りに早いと不謹慎と思われないか、あるいは他の相続人からいやみを言われないか、とても不安です。しかし、いつまでも放置しておくと、今、兄が父の財産を管理しているので、その財産がなくなるのではないか不安です。

答え

遺産分割は、いつまでにしなければならないかの定めはありません。田舎の山林等、何代にもわたってそのままのケースもあります。しかし、相続税の申告の期限は死亡後10か月とされておりますので、それまでに話がまとまることが望ましいです。

仮りに話がまとまらなくても、相続税の申告は待ってくれませんので、申告だけはする必要があります。そのため財産の調査をしたり、分割の話合いに時間が必要であること、税理士に申告を頼んだりすることを考えると、早目に財産調査や分割の話をすることが大切です。
亡くなってすぐに遺産分割の話合いをするということは出来ないとは思いますが、多くは相続人が集まる四十九日がひとつの時期ではないでしょうか。

相続人の全員の同意がとれれば、その時期は問いません。相続人が多いような場合には、葬儀が終わった直後に遺産分割の話が出たこともありました。

相続人と相談しながら、話をすすめるとよいですね。(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る