高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2019年11月15日

相続人に連絡が取れないときは!?~遺言書がない場合の遺産分割

遺産分割を始めようと相続人に連絡をしたのですが、何の返事もくれません。どのようにしたらよいでしょうか。

答え

遺産分割は、相続人全員がそろわないとすすめることが出来ません。欠席した相続人を除いて残りの人と協議をしても、その協議は無効です。また、相続人を残して遺産分割の協議をして、その結果を欠席した相続人に通知して了解を得ようとすると、かえって争いが大きくなるケースが多いですね。すると裁判をしなければならなくなりますので、避けた方がいいでしょう。

 

遺産分割をすすめたいとのあなたの気持ちもわからないわけではありませんが、その気持ちを欠席している相続人に一方的に押し付けることはやめて、どうして欠席したのか、あるいはどうして今、分割することに反対なのか、一歩下がって話を聞いてみてはどうでしょうか。体の具合が悪いとか、財産の調査が十分でないとか、時には信仰から今は都合が悪いとか、遠方のため出て行けないとか、色々なケースが考えられます。それらの話を聞いて、できるだけ溝をうめて話合いの機会を持つようにして下さい。

 

それでも話合いが出来ないのであれば、家庭裁判所に遺産分割の調停の申立をすることになります。

 

遺産の争いは、ときにボタンの掛け違いで、最初が大切です。一度感情がこじれると、なかなか修正には時間と労力が必要とされます。(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る