高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年11月17日

オンライン法事は大失敗?業界最大手が語るオンライン法事の落とし穴

―ご存知ですか? 寺院で増えているオンライン法事が、法事離れの要因となっていることを! 業界最大手が語るオンライン法事の落とし穴―

 

一般社団法人 仏事普及協会(代表理事:小池 瑛士、所在地:東京都中央区、以下 仏事普及協会)は、11月16日、日本初の仏事支援員と僧侶によるオンライン法事「私のための法事」を発足し、ウェブサイトをリリースいたします。(URL: https://butsuji.jp/ )

「私のための法事」ウェブサイトのメイン画像

仏事普及協会は、NHK5時のニュースやNHKワールド、ためしてガッテンなど複数のメディアに取り上げられているオンライン法事のパイオニアです。現在おこなわれているご法事の多くは、僧侶による一方的な読経や法話が中心で、故人様に向き合うことがないままご法事を終えてしまっています。本来のご法事の目的である「故人様と出会い直し、これからを生きる力を得ること」が失われた結果、利用者の満足度が失われ、ご法事は減少の一途です。

「私のための法事」では、宗派を超えた有志の僧侶(現在15名所属)、グリーフケアアドバイザー、医師など専門家の協力を得ながら検討を重ね、オンラインでも本堂でのご法事と遜色ない本来のご法事を実施しています。

オンライン法事の様子

仏事普及協会 有志僧侶

◆日本初!ご法事支援の専門家「仏事支援員」のサポート
ご法事の専門家である「仏事支援員」が、ご家族様に寄り添い、故人様と向き合うお手伝いをいたします。僧侶やグリーフケアアドバイザー、医師から専門的な研修を受けた「仏事支援相談員」が、ご家族の心の奥にしまっている故人様の想い出を引き出すために、故人様の想いを聞き出し、出会い直すためのワークを実施しています。

◆「私のための法事」が高満足度である理由
「私のための法事」は、従来のご法事の落とし穴を克服し、本来のご法事をオンライン上でも理想的に行える形を実現させました。現在基本になっている僧侶から一方的に読経、法話をして30分で終わるオンライン法事と違い、「私のための法事」では60分のご法事にこだわり、僧侶、ご家族様、ご親族様の3方向のオンライン中継で、まるで実際に集まって行ったご法事のように参加することができます。

◆仏事普及協会の公式noteも同時オープン
仏事普及協会の公式noteでは、仏事支援員や有志の僧侶などによる、想い出に残るご法事やご法事の意義、知識などを幅広く発信いたします。
URL: https://note.com/butsuji

note公式マガジン(僧侶や利用者の経験談など)

◆法人概要
法人名: 一般社団法人 仏事普及協会
所在地: 東京都中央区銀座4-11-7 第二上原ビル三階
URL  : https://butsuji.jp/

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る