高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年11月06日

デジタルで効率化か、あるいは日本の伝統文化を守るか…「電子印鑑」の問題

「電子印鑑」は、契約に関する書類への押印を電子データ化したもの。

新型コロナウイルスの流行拡大を防止するためのテレワークを推進する上で、障害の一つとして挙げられたのが「紙の書類に上司からの印鑑が要る」ということでした。
経済界が強く要望し、こうした「対面でないとできない作業」を簡略化するため、電子ハンコ導入や、決裁そのものをペーパーレス化する動きが急速に拡大しつつあります。
民間企業だけでなく、「本人確認」が必要な行政機関でも導入を望む意見もありますが、業界団体からは「日本の文化が壊れる」といった反対意見もあります。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る