高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年04月08日

「名前のない家事」なんのことかわかりますか?

「掃除」と一口に言っても、さまざまな作業を伴います。
掃除機をかける前の「モノの片付け」、かけた後の「掃除機のヘッド部分のゴミ取り」、「フィルターの交換」など。こうした見えにくい作業のことを指します。

最近、掃除機をかける前の片づけを「道づくり」と命名するなど、作業の一つ一つに名前を付けることで、その「手間」を可視化する試みが広がっています。

これまで女性に偏りがちだった家事労働を家族全体で負担するきっかけになるかも、と期待されています。
「名前のない家事は結構手間がかかる」という合意形成が円滑な家事分担の第一歩といえそうです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る