高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年11月10日

「手塩にかけて育てたイモが猪に…!」~本紙読者投稿より

近辺で「猪にさつま芋をやられた」と聞きましたが、如何にせん、掘るにはまだ早い。10月中旬まで待てばと大きくなるのを楽しみにしていたところですが、見回りに行ったらびっくりです。

来た猪は一頭で、5株ずつ、3晩かけて掘ったらしい跡がありました。

我が家にとっては一大事です。これはこのまま置いておけないと、早速芋掘りに踏み切りました。

暑い日に照らされ、汗まみれになりながら、乾いた固い畑を掘るのです。嫁さんと2人で頑張りました。

前回はさつま芋、サトイモ、山芋、南瓜と、根こそぎ一晩でやられましたが、今年は山芋とさつま芋、15株だけ。サトイモまでは被害にあいませんでした。

さつま芋を家まで運び、やっと胸をなでおろしました。たとえ少しでも収穫できたことに感謝です。

天地の恵みにありがとう。サトイモも無事に収穫させてくださいと願わずには居られません。(静岡県 T・M)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る