高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年01月13日

「卒寿を迎えた私の健康法」~本紙読者投稿より

90歳になった私……。小さい時には体が弱く、小学校低学年の頃、百日咳で学校を長く休んだ記憶があります。

起床時に乾布摩擦をして皮膚を鍛えると風邪をひかないと聞き、それ以来、この年まで約50年、毎朝起床時に乾布摩擦を続けております。お陰で今のところ風邪で仕事を休んだ憶えはありません。感謝しております。

その他、健康に良いことで自分に出来ることは無理の無い程度に続けています。
例えば早寝早起き、ラジオ体操(今ではテレビ体操)、起床時の乾布摩擦(寒い冬でも寝巻きをスパッと脱いで)。食事も3食きちんと頂いております。

この頃では嫁さんが、野菜の多い健康に良いもの、ご飯は柔らかめなど、年寄りの私に合った食事を作ってくれます。心より感謝して、頂いております。
そのお陰で、子供の頃は体が弱かった私が、90歳まで長生きして、今では近くの老人施設のデイサービスで、皆さんと楽しく過ごしています。

今後も健康に留意し、余生を明るく楽しく過ごしたいと願っています。デイサービスのスタッフの皆さんには本当に心より感謝しています。(愛知県 M・N)

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る