高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年07月12日

「楽しい山菜採り」~本紙読者投稿より

華やかだった桜も散り、葉桜の美しい季節となりました。いつもこの時期になると、私はじっとしていられなくなります。

裏の藪にはニョキニョキと竹の子が首を出し、知らずにいると一日で大きくなり、手に負えなくなります。
足が痛い、膝が痛いとか言っていられません。一日おきに見回り、竹の子を探して、掘って歩くのです。
掘った竹の子は親戚や知人にあげます。そうしなければ成長が進んでしまいますので急がなければなりません。
竹の子は案外重いので、嫁さんの力を借りて運んでもらい、処置してもらいます。やれやれです。

ほっと一息ついて、毎年の自分の「お決まりコース」へワラビを採りに行きました。東海道本線を横に見ながら、自分の膝丈くらいの草の中を踏み分けながら進み、ワラビを見つけます。
知らぬ間に1時間くらい過ぎ、小さなビニール袋にワラビを詰め込んで一杯になりました。お日様に当たり、気分良く野原を駆け回ることができました。

サンサンシルバー会の体操で週一回、友達と顔を合わせることができるので楽しみにしております。体温を計り、マスク着用、手指消毒を守って、会長さんの音頭で「コロナに負けないぞ!」とみんなで楽しく頑張っております。
一日も早くコロナが消滅しますことを心より願っております。(静岡県 T・M)

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る