高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年08月26日

「詫間航空隊と共に散った若者の命」~本紙読者投稿より

昭和16年11月、詫間海軍航空隊の建設が発表された。

18年6月には同航空隊が開隊し、九十四式水上偵察機、二式飛行艇など含め、各地から2千名もの兵員が着任して猛訓練が開始された。

19年9月には沖縄攻防戦に備えて、横須賀航空隊の主力を詫間へ移し、全飛行艇の一大作戦基地となった。

昭和20年2月には、全小型機による特別訓練が発令された。それこそが水上偵察機による神風特別攻撃隊、琴平水心隊である。猛訓練の後、沖縄周辺の米艦船に体当たりを敢行した。

同年4月には、決戦態勢として全飛行艇隊を統合し、実戦部隊を編成した。銀河爆撃機により、ウルシーにて米軍機動部隊を強襲し、度重なる作戦行動の末、多くの若者の命が沖縄の空に散華した。

詫間海軍航空隊は、開隊わずか2年で、尊い若者達の命を犠牲にしつつ、歴史の中に消えてしまったのである。(香川県 K・Y)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る