高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年12月30日

「幻となった札幌ラーメン」~本紙読者投稿より

(写真はイメージです)
二十数年前、退職者夫婦を主体とした、北海道一周7泊8日のツアーに参加させていただいた時のことです。

まず函館から各名所の温泉を廻ったのですが、札幌にて一時間自由行動がありました。その時、家内が是非とも当時有名だった札幌ラーメンが食べたいと言い出した。
どこも満席だったので、止めておけと言っても聞かず、仕方なく長い行列に並ぶことにしました。

ようやく順番がまわってきて、店内に入ったと思ったら、そこで前金を取られて、さらに待たされた。その間、バスへの集合時間が気になって、時計とにらめっこ。
ようやく私の前まで順番が回ってきたと思ったとたんに、集合時間となってしまい、慌てて家内を引っ張り、店を飛び出しました。その時の家内の顔は今でも忘れません。

私は時間にルーズなことは嫌いです。観光旅行などで時間になっても帰ってこなくて、皆さんをイライラさせても平気な顔で、ごめんなさいの一言も言わない人がいます。

それ以来、いくらおいしい店でも、行列の店のものだけは絶対に食べないことにしております。あの時の札幌ラーメンは、まさに幻のラーメンとなりました。
(新潟県 E・H)

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る