高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2022年01月12日

「子供に元気もらい新年を」~本紙読者投稿より

新しい年を迎えた今、寄る年波には勝てず、昼はこたつにストーブ、エアコンで暖房し、夜は電気毛布に布団を重ね、テレビを見ながら休んでいる。
結構な生活パターンではあるが、体力は否応なしに低下する。老化現象と理解はするが、燃料補給する際の灯油缶の重くなったこと。身勝手なこととは承知しつつも、つい愚痴の一つも出てしまう。

朝、ゴミ置き場に出ると、学童たちが集まり「おはようございます」と元気良く声をかけて挨拶をする。そして「子供見守り隊」の皆さんに見送られ、笑顔の集団登校である。

朝食を終えて、ちょっと散歩をすると、園児たちも「子供は風の子」とばかり、肌もあらわに、仲良くブランコや他の遊具に興じている。一方私は着込んでいるが、立ち止まり、暫し昔を思い起こした。

寒村に生まれ育ったので、1mくらいの積雪は良くあること。頬被りをし、長靴を履くが、中には保温のために稲藁を積め、マントを着用し、遠路坂道を滑ったり転んだりして登下校をした。
学校は複式学級であり、下駄箱のわら草履に履き替えて、薪割りのダルマストーブで暖をとった。冬季だけの給食のみそ汁のうまかったこと。終生忘れられない思い出である。

寒さの中でも遊ぶ子供たちに元気をもらい、森羅万象に感謝し、趣味を心の糧として、体にも気をつけ「リフレッシュ」し、新年を過ごしたいと思います。
(島根県 M・S)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る