高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年01月29日

「鶏の夫婦を迎えて」~本紙読者投稿より

ある日、長男の知人から一本の電話が入りました。夫婦の鶏が飼えなくなって、もし当方で飼ってくれなければ、おとさなければならない―との内容でした。
家族会議の結果、気の毒だから話を受けることにしました。

2日後の休日に、早速連れてきました。見ると丸々と太った2羽のつがいです。太りすぎではないかと思うほどの姿です。
2羽の鶏が寄り添って、重い身体で「エカチャカエカチャカ」と歩く姿は実に滑稽で思わず笑いが出ました。
2羽が並んで仲睦まじく暮らせなければならないので、早速新居を作りました。その日のうちに入居の運びとなり、ほっとしました。

我が家の家族の仲間入りをし、まずは目出度しですが、畑にはイケメン狐が時々姿を見せますし、野良猫も毎日通りますし、狸も時々見かけます。

大きい声を出すので、カラスが様子を見にやってきました。とりあえず追っ払いましたが、色々と心配になります。
これから寒い冬がやってまいりますし、また暑い夏の日も必ずやってまいります。家族共々、仲良く暮らしていけるよう武運長久を祈っております。(静岡県 T・M)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る