高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2020年12月29日

ストレッチで気分転換

私のところにやってくる患者さんで「仕事でも家庭でも行き詰まってしまって、まるで本当に喉元をしめつけられているようです」という方がいます。「行き詰る」も「息詰まる」も、「どうすればよいのかわからない」状態をさしています。

いろいろ「行き詰まっている」状態はそう簡単には改善されません。そのようなときは、まずは軽いストレッチをして心身がリラックスする方法をお勧めしています。

ストレスがかかると、身体は緊張状態を強いられ、筋肉が固まって血行も悪くなるもの。ストレッチは、凝り固まった筋肉をほぐすので、身体がリラックス状態になり、心も軽くなります。普段あまり使わない筋肉を伸ばすことは気分転換にもつながります。オフィスでもストレッチはできます。

おすすめしたいのは、簡単にできる「膝裏伸ばし」。椅子に浅く腰かけ、かかとを床に着けたまま、両足をそろえて伸ばします。膝の裏が伸びて「気持ちがいい」と感じるところまで上体を倒すとよいでしょう。おへそを太ももにつけるようなイメージです。
首筋を伸ばすストレッチも効果的です。
両手を頭の後ろで組んで、頭を後ろへそらすように軽く力をいれ、両手は頭を倒すように前に力をいれ、首の後ろの筋を伸ばします。

ちょっとしたことで意外にも気分がすっきりとすることがあります。ハンカチやタオル、おしぼりなどを目の上にじっくり当てると疲れ目の解消になります。熱いものと冷たいものを交互に当てるとさらに効果がアップします。合間を使って上手に息抜きしていきましょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

山本 晴義 医師
  • 心理カウンセラー

日常よくある心の悩みについて、山本先生が解説します。心を健康に保ち、毎日健やかに過ごしましょう!

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る