高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年12月07日

日本認知症予防協会から交流磁気治療器「マグネフィット」が 「認知症予防効果」について認定を取得

FEEL株式会社(本店:群馬県高崎市)は、取扱商品である商用電源を用いて交流磁界を発生する交流磁気治療器「Magne Fit(マグネフィット)」が、「認知症予防効果」において一般社団法人 日本認知症予防協会の推奨認定を取得したことをお知らせいたします。

「Magne Fit(マグネフィット)」詳細: https://m-feel.co.jp/magne_fit

Magne Fit(マグネフィット)

■交流磁気治療器「マグネフィット」について
マグネフィットは、商用電源を用いて交流磁界を発生する管理医療機器です。最大90パターンの治療モードや、1ユニットあたりの磁力線を従来品の約4~30倍放出する設計で、既に二つの特許を取得している次世代電気磁気治療器です。

最大180mTの磁力線が足の先から頭の先、内臓、血管、骨の中まで浸透し、細胞の修復や老廃物の排出を行うことで、生活習慣病の予防をいたします。厚生労働省からも「血行の改善」「コリの改善」の効果について認められています。

<Magne Fitだけの3+1の特色>
・最大磁束密度180mTを実現
医薬品医療機器等法JIS規格最大磁束密度に対応。磁力をより強く、より深く浸透させる為、独自の磁気出力システムを開発しました。

・充実の安心安全設計
業界初の3段階安全機能搭載。最新のJIS規格に完全準拠。EMC2015年版取得。構造、材質など、製品の安全性を業界トップクラスまで高めました。

・独自の10パターンのメディカルプログラム
様々な症状を想定し、10パターンの磁気発生メディカルプログラムを開発。「高・中・低」の中から使用される方に合った治療を選べます。

・クッション表皮に制菌加工レザーを採用
制菌には抗菌をはるかに上回るチカラがあり、 衛生面において抜群の効果を発揮します。

■認定を受けて FEELの展望について
当社では、電気磁気治療器「マグネフィット」の家庭・施設への普及に加え、無料で治療体験が出来るお店「ハッピーステーション」を首都圏中心に拡大し、小さいお子さんから年配の方まで認知症やその他の病気予防、身体のお悩み解消の手助けをしてまいります。

■認定内容
認定対象:
Magne Fit(マグネフィット)

認定内容:
1. 電気磁気治療器使用時の血行促進による脳への効果
1. 治療器装着部位から電磁誘導作用により血行が促進され、全身の血液循環が良くなることによって得られる効果が多面的に認知症予防につながることが期待できます。
1-(1)血栓の生成抑制、血管損傷の抑制・修復などが促され、認知症の発症要因の一つである生活習慣病(脳血管疾患、脂質異常症 等)を予防します。
1-(2)円滑に循環する血液は、充分な酸素や栄養素を身体の隅々まで運びます。脳活動に必要な栄養素も潤沢に提供され、活性化につながります。
1-(3)電磁誘導作用によって血液中に電流が生じ、脳内のシナプス伝達に必要なカルシウムイオンが増加。活発な情報伝達を促進します。
1-(4)疲労回復に必要となる適度な血液循環は、筋肉の緊張やこりを緩和させ、睡眠の質を向上させます。睡眠時の脳細胞修復、老廃物の速やかな排出を促進します。

認定証

■FEEL株式会社について
当社は、医療機器メーカー株式会社リブレックスのグループ企業として2016年に発足しました。前身の会社を含めると創業から63年の歴史を持ち、医家向け医療機器の研究開発から製造まで行ってまいりました。

「一人でも多くの方に笑顔と健康を」という想いのもと、交流磁気治療器や高電位治療器など、手軽に活用できる家庭用医療機器の供給を通じて皆様の健康寿命を延ばすサポートをしたいと考えております。

<企業概要>
会社名 : FEEL株式会社
代表者 : 代表取締役 馬場 徹
所在地 : <本店>
      〒370-3513 群馬県高崎市北原町24-1
      <大宮営業所>
      〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮4丁目46-12 早船ビル102号
      <町田営業所>
      〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目9-22 MRビル2階
事業内容: 医療機器、美容・健康機器の開発製造
      上記製品の販売および、輸出入
      その他、前各号に付帯する一切の業務

メーカー 
取得特許: 特許第6433054号 電位治療器
      特許第6525140号 磁気治療器
      特許第6628274号 電気磁気治療器
URL   : https://www.m-feel.co.jp

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る