高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年12月04日

「私の健康法。継続は力なり!」~本紙読者投稿より

私が若い頃より健康のために続けていることをご紹介いたします。

・毎朝起床時(6時前)に腕立て伏せを10回。
・乾布摩擦を5~6分。真冬でも寝間着をスパッと脱いで。もう40年余り毎朝続けています。発端はNHKのラジオで、乾布摩擦で皮膚を鍛えると風邪をひかないと聞いたので。おかげで風邪をひいた覚えはありません。

・毎朝、6時25分からのテレビ体操(ここ5~6年。腰を痛めてから)若いときは外でラジオ体操。両方あわせるともう40年以上続けています。

・毎朝起床、洗顔の後、「梅干湯」を湯呑一杯飲む。その梅干を朝食時にいただく。

・どくだみ茶を母の没後20年余り、朝食後に湯呑1杯飲む。庭、畑でどくだみを採り、乾燥させた自家製のもの。おかげで胃腸快調、快便です。

以上が健康の為に楽しみながら自分で出来ることです。これらのおかげで、老人会、俳句の会などにも元気に参加でき、ありがたく思っております。(愛知県 M・N)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る