高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年06月21日

高齢者や子供、ペットや物が行方不明になったときのための メールシステム『今どこ救R』を06月01日(火)より提供開始

発見者がQRコードを読み取ってあなたに直送メール ~QRコードシール付~

終活の相談窓口を手掛ける、有限会社ケイエス企画 ライフサポーター(所在地:千葉県野田市山崎2504-7、代表取締役:鹿野 勝美)は、高齢者や子供、ペットや物、行方不明になったときに知らせてくれるメールシステム『今どこ救R』サービスを、2021年06月01日(火)より提供開始いたしました。

今どこ救R 私はここサービス

クラウドファンディングURL : https://camp-fire.jp/projects/view/432846
今どこ救R メールサービスURL: https://imadokoqr.com/

【背景】
高齢者や子供、ペットや物、行方不明になることをよく聞きます。

『今どこ救R』は、「今どこにいるの?」にたいして探してくれた方が簡単に連絡してくれるシステムです。

既存のシステムは、間接的な連絡となっていますが、一刻を争うときには遅くなってしまうこともあります。また、個人情報がネット上に漏れないようすることも重要です。それならば、直接関係者に連絡を取れるほうが良いと思いシステムを考えました。

【製品・サービスの概要】
・高齢者が行方不明になったとき
『親父どこへ行ったんだ』『どこかで保護されていればいいのだが』

・お子供が行方不明になったとき
『大きなショッピングモールでお買い物中、ちょっと目を離した隙に見失ってしまった』
・ペットが行方不明になったとき
『家族同様のペットが、リードが外れてどこかへ行ってしまった』

・大事なものが行方不明になったとき
『スマホをどこかに置いてきてしまったかも』『大事なスマホ!どうしよう』

これらは、誰にでも、いつでもあり得るお話です。しかし、連絡先が書いてあれば少しは安心です。

100%帰ってくるか戻ってくるは分かりませんが、何もしないままでいいわけありません。いつ来るか分からない不安のためにあなた専用のQRコードを作成します。

1) QRコードはあなた専用の連絡ページとなっています。
2) 見つけてくれた方が送信者名と電話番号、状況をあなたのメールアドレスに送信します。
3) メールを受け取ったら送信者に電話して確認するだけです。
これならば、あなたの情報も守られます。

誰もが気軽に使えるように、利用できるように、人に寄り添えるプログラムです。また、皆様の応援・支援で社会に貢献できるようなプログラムになると思っています。

【ポイントと特長】
『高齢者が行方不明になったとき』『お子供が行方不明になったとき』『ペットが行方不明になったとき』『大事なものが行方不明になったとき』など、フリーフォーマットなので、全てのことに対応できます。

また、特別に情報を入れておきたい場合のために、個人名やペット名を入れたオンリーフォーマットもあります。オンリーフォーマットを使えば、持病を持っている方やペットの情報をあえて入れることができます。

<提供場所>
Webサービス、メールサービス

<価格>
月額利用料は
フリーフォーマット :298円(税込)
オンリーフォーマット:220円(税込)

QRコード(15mm×15mm)は35枚含まれています。

作成完了後、当方負担で郵送します。また、ご自分で作成できるようにPDFでも提供します。

【今後の展望】
有料サービスとなりますが、リアルで「電話でお喋り仲間」を展開したいと思っています。

孤立しない!孤立させない!を目標にお喋りしたい人と電話対応するサポーターをつなぐシステムを作ります。

具体的にサポーターはお話が出来る人を募集し、お話したい人とつないでいきます。

こうすることにより何処からでも電話サポートが出来るし雇用を生み出すことも出来ます。

お喋りしたい人は、孤独感を受けないで生活していけると確信しています。

【ライフサポーターについて】
有限会社ケイエス企画 ライフサポーター
本社  : 〒278-0022 千葉県野田市山崎2504-7
代表者 : 代表取締役 鹿野 勝美
設立  : 1991年1月28日
資本金 : 300万円
Tel   : 04-7125-4813
URL   : https://silver-life-supporter.xyz/
事業内容: 設計業務として設立。
      終活の必要性を感じ2018年よりシルバーライフサポーター/
      終活の相談窓口の終活部をスタート。
      終活に関するリアル、オンラインセミナーを行っています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る