高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年08月16日

クラウドケア、シニアライフよろず相談室と業務提携!自費介護サービスを電話で依頼できるように

~ シェアリングエコノミーの介護サービスを、ネットを使わずに登録・依頼できる ~

シェアリングエコノミーの訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare(クラウドケア)」を運営する株式会社クラウドケア(本社:東京都青梅市、代表取締役CEO:小嶋潤一)は、「株式会社クレディセゾン」の100%子会社「株式会社セゾンパーソナルプラス」傘下の「一般社団法人シニアライフよろず相談室」と業務提携し、インターネットでしか利用できなかった「クラウドケア(CrowdCare)」の自費訪問介護サービスを電話でも登録・依頼ができるようになりました。

『一般社団法人シニアライフよろず相談室』
https://yorozu-soudan.com/

業務提携の概要

「クラウドケア(CrowdCare)」は、訪問介護・家事・生活支援をおこなう、介護保険外の自費訪問介護ヘルパーのマッチングサービスです。
国が構築を目指している「地域包括ケアシステム」で必要とされている介護保険外サービスをより身近に低価格で利用できるよう、介護分野にシェアリングエコノミーという新しい考えを取り入れた自費の訪問介護サービスです。
介護保険サービスでは対応が難しい通院付き添い・長時間の見守り・冠婚葬祭の付き添いなども対応が可能で、サービスの種類や時間に制限されることなく、24時間365日ご利用できます。

「クラウドケア(CrowdCare)」は、インターネットから低価格で簡単にサービスを申し込むことができる反面、インターネットを使って登録・依頼する仕組みであるため、「頼れる身内のいない高齢者」や「老老介護」の世帯など、インターネットの活用が難しいサービス利用希望者への対応が課題でした。

また、親の介護が必要になることにより仕事と介護の両立ができずに「介護離職」に至るという社会問題もあります。このような問題解決となるよう、介護保険外の自費サービスを充実させ、介護保険では対応しきれない様々なニーズに柔軟に応え、高齢者や家族の在宅生活を支える必要があります。
総務省の『平成29年就業構造基本調査』によると、平成29年に「介護・看護を理由に離職した人数(介護離職者数)」は、約9万9,900人となっております。そして、経済産業省の「第1回産業構造審議会 2050経済社会構造部会」によると、介護離職に伴う経済全体の付加価値損失は1年あたり6,500億円と見込まれています。

今回、「一般社団法人シニアライフよろず相談室」との業務提携により、インターネットの活用が難しい高齢者が「クラウドケア(CrowdCare)」の登録・依頼を電話でできるようになりました。
具体的には、「シニアライフよろず相談室メンバーズクラブ」または「セゾンの身元保証」会員の方は、「シニアライフよろず相談室」にて電話で受け付け、「クラウドケア(CrowdCare)」の自費訪問介護サービスを利用できるようになります。

自費訪問介護ヘルパーの「CrowdCare(クラウドケア)」について

クラウドケアは、シェアリングエコノミー型(クラウドソーシング)の訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォーム「CrowdCare(クラウドケア)」を運営しており、低価格でご利用いただける介護保険外の自費訪問介護ヘルパーのサービスです。

介護人材不足は深刻な社会問題となっておりますが、「CrowdCare(クラウドケア)」は多くの人が雇用を分け合うワークシェアリングの考えを介護分野にも取り入れ、案件ごとに利用者とヘルパーをマッチングして空き時間に働けるようにし、貴重な人財をシェアしていく仕組みとなります。

▼介護サービスの当たり前を変えた、ネットで介護を頼める訪問介護マッチングサービス「CrowdCare」が生まれた理由
https://prtimes.jp/story/detail/ErQgowsXvLB

株式会社クラウドケアについて

2016年12月に株式会社クラウドケアは、「ケアを通して、多くの人々を幸せにする」というミッションを掲げ、シェアリングエコノミー型(クラウドソーシング)の訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォーム「CrowdCare(クラウドケア)」の運営を開始しました。

2017年11月に「シェアリングエコノミー認証マーク」を取得。「シェアリングエコノミー認証マーク」は、そのサービスが内閣官房IT総合戦略室が策定したモデルガイドラインの遵守すべき事項を基にシェアリングエコノミー協会が策定した自主ルールに適合していることを示すものです。

【 取扱サービス 】
・訪問介護・家事・生活支援サービス 1時間あたり2,500円~3,000円(税別/交通費別)
・買物お助けサービス(買物代行)  1ヶ所あたり500円(税別/交通費別)

【 会社概要 】
商号 : 株式会社クラウドケア
代表者: 代表取締役CEO 小嶋 潤一
所在地: 〒198-0024 東京都青梅市新町4-29-3 コトブキビル1階
事業内容 : 訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォーム「CrowdCare」の運営
設立日: 2016年8月2日
URL : https://www.crowdcare.jp/

一般社団法人シニアライフよろず相談室について

シニアライフよろず相談室は、「株式会社クレディセゾン」の100%子会社「株式会社セゾンパーソナルプラス」傘下の一般社団法人で、「シニアライフよろず相談室メンバーズクラブ」、「セゾンの身元保証」の2つのサービスを提供しています。

「シニアライフよろず相談室メンバーズクラブ」は、年会費3,300円(税込)、相続、介護、終活、スマホの使い方など、シニアライフのさまざまお悩みについて、電話、メール、対面などの方法で、気軽に何度でも相談できる会員制の相談窓口です。お悩みの具体的な解決に向けて、信頼できる提携専門家・企業の紹介を受けることも可能です。

「セゾンの身元保証」は、頼れる身内がいない高齢者を対象に、老人ホームや介護施設入所の際の「身元保証人」を法人として引き受けるほか、緊急入院時の対応、死後の事務手続きの支援などを行うサービス(サービス対象エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)です。

【 取扱サービス 】
・シニアライフよろず相談室メンバーズクラブ
・セゾンの身元保証

【 会社概要 】
商号 : 一般社団法人 シニアライフよろず相談室
代表者: 代表理事 檜垣 圭祐
所在地: 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-8 NB 池袋タワー5F
事業内容:シニア向け会員制相談窓口運営、シニア向けセミナー・イベント企画、身元保証サービス提供
設立日: 2017年9月
URL : https://yorozu-soudan.com/

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る