高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年09月01日

9月1日は防災の日、いざという時に子どもを守る「浮くリュック ビートキューブ」を新発売!

~自社開発品「浮くリュックシリーズ」から、待望の子ども向けが登場~

学校用教材教具、防災防犯用品を提供する三和商事株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:小林正樹)は、集中豪雨などいざという時のために、子どもに持たせたい「浮くリュック ビートキューブ」を2021年9月1日より発売いたします。
【URL】 https://bousai-farm.com/product/beatcube

浮くリュック<BeatCube>

三和商事株式会社は、区の7割がゼロメートル地帯の東京都江戸川区に防災専門店<防災ファーム>を運営、水害が懸念される地域のニーズから、​​普段使いできるデザイン性の高い【浮くリュックシリーズ】を企画開発し販売しています。

今回はシリーズ第3弾、突然の水害から子どもを守る「浮くリュック ビートキューブ」を防災の日に販売開始いたします。災害はいつ起こるかわからない。だからこそ、いつも(日常時)ともしも(非常時)どちらでも役に立つ特長を兼ね備えたリュックを実現しました。ランドセルタイプで使いやすく救命胴衣代わりにもなる「ビートキューブ」は、いつも身近に「安心」を持ち歩くことのできる浮くリュックです。

浮くリュック ビートキューブの特長

<浮くこと>
いざという時には、リュックの両サイドに内蔵した浮力板を引き出すことで、リュックを背負ったままでバランスよく浮くことができます。立ち泳ぎの姿勢で浮いていることができるので、水が苦手なお子様にも顔に水がかかりにくい状態を保つことができます。

立った状態で浮くことができます

<高い撥水性能>
急な雨にも大切なカバンの中の教科書やノートを守ります。文部科学省の「GIGAスクール構想」で子ども達がタブレットを持ち歩く時代に最適です。

撥水加工で豪雨も

<ランドセルタイプのリュック>
ランドセルと同等のA4フラットファイルがゆったり入る大きさです。内部はポケットがたくさんついていて、カバンの中を整理しやすく使いやすい仕様です。

A4ファイルが入る大きさ

 

ビートキューブの使い方・利用シーン

普段は両サイドに収まっている浮力板を引き出し、身体の前でとめることで、バランスが安定します。

両サイドに浮力板が内蔵

浮力を身体の前面で固定

・通学や、通塾用のかばんとして! いつも「安心」を持ち歩くことができます。
・キャンプや水辺のレジャーに! 家族旅行に最適です!
・救命用具の代わりに。

【ビートキューブ製品概要】
<実用新案登録番号第230798号>

カラーは3色(ブルー/レッド/ブラック)

価 格: 25,000円(税込)
サイズ: 幅360mm×奥行160mm×高さ370mm
カラー: ブルー/レッド/ブラック
重 さ: 約1,400g(浮力板含む)
素 材: バッグ外:ナイロン 内:ポリエステル /浮力外:ポリエステル 内:EVA  
販売方法: 下記ショップまたは、直販WEBサイトにて販売予定
販売店: 防災・防犯の専門店 防災ファーム(運営:三和商事)
【URL】 https://bousai-farm.com

【会社概要】
会社名:三和商事株式会社
本社所在地:千葉県船橋市海神町南1-1544-1
代表者:小林 正樹
設立:1965年2月
事業内容:防災・防犯用品の販売、感染症対策商品の販売、理化学機器、教材備品の販売ほか
URL:https://e-sanwa.jp

【お問い合わせ先】
三和商事株式会社 東京支社 
TEL: 03-3674-0181 
e-mail: res9@e-sanwa.jp

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る