高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年09月22日

原爆により放射性物質帯びた「黒い雨」問題

1945年8月6日、米軍による原爆投下後に広島市などに降った、放射性物質を帯びた雨。すすなどを含んで黒かったため「黒い雨」と呼ばれます。

当時の調査で爆心地の北西方向の「東西11キロ、南北19キロ」が大雨地域とされました。国はこの地域を援護対象地域として、がんなどにかかれば特例で被爆者健康手帳を交付しています。

黒い雨を浴びたものの援護の対象区域外とされた地域の住民84人が、被爆者として認めるよう求めた裁判で広島高裁はこのほど、実際の降雨地域はより広いとし、「黒い雨に遭った人は被爆者」と認定しました。

国は上告しないことを決定。被爆者援護行政の見直しが求められています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る