高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年10月14日

「今日もおいしく沢庵ポリポリ…噛めるって最高!」~本紙読者投稿より

緊急事態宣言が解除され、歯医者さんへ行ってきました。いつもは3か月に1回は定期的に通っていましたが、この度は6か月過ぎてしまいました。とくに変わりなく、歯石を除去するだけで済みました。

 

次男が5歳の時に、ブランコをこいでいた際に私とぶつかり、その時に前歯が途中から欠けてしまいました。その痛かったこと。歯医者に駆け付けて

「前歯なので目立つので、分からないように色も自然体にしましょう」

と、その歯が今でも健在です。もう50年も前のことです。人さまには分からないようです。

 

約20年間、夫の転勤で東京に居住し、そして横須賀に戻り、その歯医者へ伺うと、息子さんの代に変わっておりました。

お父様にはお世話になったこと、今でも健在ですと語りました。

虫歯ができ、詰めてもらったものがポロっと落ち、そのかけらを持参すると、またそれを生かしてくださり、庶民の私にはありがたい限りです。友人の中には何百万とお金をかけた人もおります。

お蔭様にて、もうじき八十路を迎えますが、「8020(80歳で20本の歯)」は持てそうです。

ただただ、歯医者には感謝です。(横須賀市 M・H)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


日本老友新聞・新聞購読のお申込み
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る