高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年10月28日

手話を音声に即時通訳する「電話リレーサービス」ご存知?

「電話リレーサービス」とは、インターネットを利用した動画で聴覚障害のある人の手話の内容を、オペレーターが読み取り、相手方へ音声で伝えるサービスです。

聴覚障害のある人にとって、これまで遠方とのコミュニケーションはメールやファックスが主な手段でした。
しかし、6月に電気通信事業法が改正され、「公共インフラ」として、このサービスが始まりました。スマートフォンや、パソコン、タブレットなどを使用します。利用料は無料(インターネット回線使用料のみ)です。

メールやファックスは、相手方の反応がわかるまで時間差がありました。それが短縮できると期待されています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る