高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2022年06月15日

「笑顔と優しい言葉で円満に」~本紙読者投稿より

人が生きていく中で、人間関係ほど難しいものはないだろう。人付き合いの難しさは、なにも職場だけではない。近所付き合いも然りだ。

人の性格は十人十色という言葉通り、人と人との付き合いは気が合うものもいれば、顔を見るのも嫌だという人もいて、容易にはいかない。
そのような人間社会の中で、どうすれば円満な人付き合いが出来るのだろうか。

「そんなものは関係ない。私は私、人は人、マイペースで生きればよいのだ」
と言う人もいるだろうが、それでは世の中で孤立してしまうだろう。

私の場合、なかなか難しいことではあるが、どんな人と接する場合にも、「和顔愛語」を心がけている。どんなにしかめっ面をした人であろうと、笑顔で接していれば、相手も自然と心がほぐれてくるものだから不思議である。思いやりのある優しい言葉は、相手も私自身も気持ちが良くなる。

マイペースで生きる人が少なくない今の世の中、笑顔と優しい言葉を心がけていくことは大切だと思う。
「笑う門には福来る」ということわざ通りだ。笑うことは幸せに生きるための大切な要素だと思う。
(静岡県 S・M)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る