高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年06月22日

「背中を鉄棒で叩かれたような痛み…急性大動脈瘤解離から10年」~本紙読者投稿より

東日本大震災から10年が経過いたしましたが、実は10年前の2011年2月16日、私の体にも大事件が起きたのです。

いつものように、今は亡き夫の入浴の介助をし、10時ごろに入浴。着替えを済ませた時、私は突然背中を鉄の棒で叩かれたような激しい痛みに襲われ、その場に倒れてしまい、意識も薄れていきました。
夫がすぐに救急車を呼んでくれて、間もなく県病院の救急センターに搬入されました。
幸運にも、その時間帯は病院のスタッフが全員揃っていて、すぐに診てもらえました。診断の結果、「急性大動脈瘤解離」との事で、即手術ということになりました。

手術室に直行し、傷んだ血管を人工血管に取り換えるという大手術となりました。
1時より、2人の医師による手術が開始。手術は夜9時に無事に終了。私はずっと意識がないまま集中治療室に。

目が覚めると2人の先生が優しい笑顔で声をかけてくださりました。
「ここはどこか分かりますか」
と。私もやっと状況を理解しました。

おかげさまで命を助けていただき、嬉しく有難く、先生にお礼の言葉を申し上げることが出来、ほっとしました。神仏のおかげと、夫をはじめ、家族、親戚一同の祈りが届きましたこと、幸せでした。

術後の経過も順調で、感謝以外に何もございません。3月22日に無事退院が決まり、後遺症(右手足)の心配があるからと、退院後もリハビリの病院に転院。6月には無事後遺症も無く退院することが出来ました。

本当におかげさまと、四方八方に手を合わせています。
(東京都 K・S)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る