高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年12月17日

「主人と二人三脚の散歩」~本紙読者投稿より

主人が脳梗塞で倒れて、3か月近く入院をしました。病院の先生がおっしゃるには
「家の中にいて動かないでいると、寝たきりになってしまうので、
無理のない程度にリハビリ運動をして、歩いて下さい」
とのことでした。

主人は心臓にペースメーカーも入っており、また胃がんの手術もしており、一級障害者です。私も難病を患い、腰痛もあるために、私と主人二人そろって、やっと一人前です。

先日、ようやく外出が出来るようになりましたので、シルバーカーを押して、主人と二人で土手へ散歩に出掛けました。
年輩の方とすれ違ったのですが、その方も杖をついて、ヨタヨタと歩いておりました。年輩になると誰でも皆同じ、ヨタヨタ組ですね。

病気に負けないように、また、息子夫婦に迷惑をかけないように、休み休みですが、主人と二人で散歩を頑張っております。(東京都 H・S)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る