高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2021年05月24日

コロナ影響!?運転免許証の返納が減少

自動車運転免許証の自主返納が新型コロナウイルス感染拡大の影響で減少!?――2020年の自主返納件数は55万2381件で前年より4万8641件減少したことが、警視庁のまとめでこのほどわかりました。
免許証自主返納は1998年に始まり、ほぼ毎年増加していました。

19年は東京・池袋で発生した高齢ドライバーによる暴走事故(同年4月)の影響もあり、前年比約18万件増の60万1022件と過去最高を記録しました。一転しての減少は、新型コロナの影響で外出しづらくなった高齢者が自主返納をためらったのでは、とみられます。

高齢ドライバーについては免許更新時に実車による運転技能検査(75歳以上)が導入されるなど対策が強化される一方、自治体などがバスやタクシー、商業・レジャー施設の割引などの特典を設けて返納を支援しています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る