高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年12月29日

高齢者の終活をサポート~必要最低限を記入し書類を入れるだけで完成する 「終活安心ファイル」に水玉4色が新登場

書くことが億劫な年齢層に向けて開発した人気の「終活安心ファイル」  カラフルな新柄登場でシリーズ全42種のラインナップ

株式会社Genoa(本社所在地:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:内田 朋美)は、エンディングノートと重要書類を入れるファイルの機能が1つになったエンディングファイル「家族に伝える 終活安心ファイル」に、新柄となる水玉4色を追加いたしました。

コロナ禍での不安な毎日、そして増えたおうち時間。こういう時だからこそ増えたおうち時間を有効活用して、大切なもの、身の回りのものをまとめて整えておく時間に使えないかと、どなたでも購入しやすいポップな柄の「終活安心ファイル」を新たに作成しました。

【終活安心ファイル使用者のメリット】
自分の希望や思いを言葉にして整理し残された家族に伝えることができます。また、過去を振り返り残りの人生や人間関係を考えるきっかけにも使用できます。

【終活安心ファイルが残されている場合の親族メリット】
故人の希望が書かれているため、お葬式の手配等迷うことなく進めることができ、その後の財産や遺品の整理にかける時間が軽減されます。必要書類も一つのファイルにまとまっているため探す手間もございません。

◆開発の背景
「終活安心ファイル」は当社の代表取締役社長・内田の実体験から生まれた商品です。

病気を患い父親の死が近いことがわかっていましたが、父亡き後のことを考えておらず、亡くなった時には誰に連絡を取るべきなのか、父の友人はだれなのか、希望のお葬式は…など、いざとなるとわからないことばかり。結果お葬式の2日後に私が連絡をし忘れていた父の大切な友人が青ざめた顔で訪ねてらっしゃったという経験をしました。

“最後の姿を見せることができなかった”と父の友人にも父にも申し訳なく思い、その後進めなければならない保険や通帳の手続きについても気落ちした母には聞きにくいことが多く、「エンディングノートがあれば」と感じた経験より商品開発を行うことにいたしました。

◆商品の特長
1. 「必要最低限のことだけを書き込めるプリント7枚」
葬儀についての希望、銀行・生命保険関係、ネット関連のパスワード、自分の年表、お葬式に呼んでほしい友人の連絡先や、式で読んでほしい手紙などを家族にしっかり伝えられるように、付属の書類がついています。

2. 「写真も一緒に保管できる写真用ポケットシート」
お葬式で使ってほしい写真は、付属の写真用ポケットシートに入れて保管でき、メモ欄があるのでコメントも残せます。

3. 「重要書類はジップ付きの丈夫なフリーポケットに!」
普段は金庫に入れている重要な書類もコピーしてこのファイルに入れておくと便利です。通帳や保険の詳細などは細かくノートに書いておくよりも、通帳や書類、もしくはコピーをこのファイルに保管しておいた方が簡単確実です。

4. 「選べるデザイン!豊富なカラーバリエーション」
エンディングノートにはめずらしい、カラフルで、かわいくておしゃれな表紙、色柄合わせて42種ございます。

◆商品概要
名称   : 家族に伝える 終活安心ファイル
販売開始日: 2020年12月24日
販売料金 : 6,270円(税込)
サイズ  : 縦330mm×横340mm×幅60mm
カラー  : 全42種
販売店  : ベビーから結婚式のアルバム屋さん
URL    : https://item.rakuten.co.jp/kekkon-album/c/0000001233/

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る