高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年12月08日

「訪問理美容を変えたい。」という想いから 一般社団法人日本エアクリッパー協会が設立! 髪の毛が落ちないバリカン「エアクリッパー」を使い、 美容師・理容師に向けて当協会の会員募集を開始

一般社団法人日本エアクリッパー協会(本社:東京都八王子市)は安心・安全な訪問理美容の普及と社会的価値の向上を目的として協会を設立いたしました。2020年12月よりエアクリッパーを使って訪問理美容を行う美容師、理容師に向けて当協会会員募集を始めます。

【協会設立の背景】
昨今、高齢になっても、体が不自由になって外出できなくてもオシャレがしたいというニーズが多い中、訪問先でヘアカットやカラー、パーマなどの施術を行う訪問理美容事業者が急増しています。

しかし、認知症や寝たきりの方へのカットは事故リスクが伴い、医療・介護業界に向けては大きな参入ハードルが残っています。その中で市場の急拡大と競争の激化により、技術や知識のない理美容師が訪問先で事故を起こすケースを増えてきており、サービスの質と価格低下が問題となっています。

そういった現状を変えるために、訪問理美容30年でこの道の第一人者である定信 ふみ子が独自開発した髪の毛の落ちないバリカン「エアクリッパー」と長年で培ったノウハウを基に訪問理美容成功マニュアルを構築。協会を立ち上げて、全国の理美容師らに伝えていくこととなりました。

【エアクリッパーとは?】
訪問理美容歴30年の定信 ふみ子が現場の声をもとに独自開発した髪の毛の落ちないバリカンです。安全に短時間でいままで不可能だったデザインカットができるようになり、導入することで生産性は5倍以上(従来比)に上がります。

エアクリッパーによるカット

【当協会の特徴】
1、ここでしか学べないコンテンツが充実
従来の介護のことを学び、理美容師らに新規参入を促すのではなく、エアクリッパーのカット技術を中心に訪問理美容をビジネスとして捉え、「顧客満足度・安全性・生産性」をいかにして上げていくか?を伝えていきます。

2、理美容師は介護・介助をしない
介護や介助は現場スタッフまたはご家族の協力を仰ぎ、事業者は理美容の領域において専念するのが基本的なスタンスです。

3、サービス料金競争で質の低下を防ぐための取り組み
エアクリッパーを安売り競争に勝つために使うのではなく、「訪問理美容の価値を上げるためには?」を積極的に発信していきます。

【協会概要】
商号  : 一般社団法人日本エアクリッパー協会
代表理事: 石合 重利
所在地 : 〒192-0055 東京都八王子市追分町 サンコーポ八王子1F
設立  : 2019年9月
事業内容: 訪問理美容師育成事業
URL   : http://airclipper.sakura.ne.jp/

【当協会に関するお客様からのお問い合わせ先】
一般社団法人日本エアクリッパー協会問い合わせ窓口
E-Mail: airclipper.assoc@gmail.com

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る