高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年12月10日

転倒時のケガのリスクを軽減するパッド付き シニア向けファッションブランド「Walka(ウォルカ)」デビュー 12月9日(水)オンラインストアから発売

株式会社ユニコ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:中西 英雄、以下「ユニコ」)は、いつまでも自分の足で歩き続けたいシニアのための新たな服のジャンル「Walkable Wear(ウォーカブルウェア)」を創造し、12月9日(水)より、転倒によるケガや骨折のリスクを軽減するパッド付きの洋服ブランド「Walka(ウォルカ)」をオンラインストアで発売します。

シニア向けファッションブランド「Walka(ウォルカ)」

「Walka(ウォルカ)」公式オンラインストア: https://www.walka.jp/

■ウォルカ開発の背景
人生100年時代の今、老後を自分の足で歩き続けるかどうかの重要性が高まっています。若い人なら軽いケガで済んでも、シニアにとっては重大なケガとなり得ます。しかもシニアの転倒は自宅のわずかな段差でも起こり得るとされ、治療のために安静にすると歩行機能の衰えが進んでしまい、寝たきりとなる可能性もあります。

歩き続けることができると、自立していて、若々しく、ポジティブな生活ができます。ウォルカは「歩き続ける未来を、服で叶えたい」「転倒によるケガのリスクを、洋服で軽減させたい」と考え、パッド付きの服「ウォルカ」を開発しました。

■ウォルカに込めた想い
~歩ける時間を少しでも長く、おしゃれしたい気持ちにずっと寄り添いたい~
ウォルカは日常着の一部に取り入れることで転倒によるリスクの低減・軽減することを目的としたシニアのための新しい日常着です。名前の由来はwalk(歩く)から来ており、歩き続ける未来を守る服としての想いが込められています。

歩き続けるために大切なことは2つあります。

・最も大切なのは、腰回りの大腿骨を衝撃から守ること
・その他転倒時反応できないことで衝撃を受ける肩・肘・お尻も守ること

事故が起こってから対処するのではなく、予防することで「未来に明るく向き合える老後を作りたい」とウォルカは考えています。今後はより身体を守るための性能を強化し、同時に服としての美しさを追求してまいります。

■ウォルカ4つの特徴
(1)いつでも誰でも毎日着られるデザイン

(左)インナー、(中央男女)中間着、(右)外出着

・日常的なケガに備えていつも着られるようインナー・中間着・外出着をラインアップ。・エイジレスなファッションを目指しました。スマートで清潔感があり日常的に着られるテイストに。
・つかみやすいファスナーを採用するなど、小さな「着やすさ」への工夫も施しています。
・いつまでも変わらない日常を過ごすための新しいプレゼントとして、親や祖父母への贈り物に悩む子供、孫からのギフトとしても最適です。

大切な人の歩く未来を守る贈り物

(2)今回のために開発したオリジナルパッド「D-fendia(ディフェンディア)」

オリジナルパッド「D-fendia(ディフェンディア)」

一番守りたい骨・大転子を守るパッドは卵型に設定。特に大腿骨周りのパッドは30種類以上の実験を重ねて最適なものを採用しています。

・オリジナル開発パッド「D-fendia(ディフェンディア)」は衝撃吸収の機能性を重視しながらも着心地を考え、体に添う柔軟性のある素材を適用しています。
・外側からパッドが付いていることがわからない仕様で、パッドの取り外し・洗濯が可能。

(3)着心地のよさにこだわった素材

起床時の急な起き上がりは転倒リスクが多いと言われている

・乾燥しがちな肌に触れても優しい、柔らかい素材を採用。高い伸縮性、着脱の容易さを実現しました。
・就寝時も着用でき、寝返りしやすいよう工夫を施しました。(特許出願中)
・パッドは直接肌に当たらないよう滑らかな生地で包んでいます。

(4)シニアに合わせて追求したサイズ感

ウォルカのサイズ感は、シニアになると袖丈や着丈が合わないという悩みを解消

・パッドはシニアの平均身長にあわせて配置。
・各アイテムの寸法や位置は、現在のシニアの平均身長が20~30歳に比べて男女共に数センチ程度低いというデータに基づき設定しています。
・体をふんわり包み込むシルエットで、いつまでも気負わず着られるサイズ感にこだわりました。

■衝撃を低減する「パッド」を産学共同開発
パッドの開発およびサイジングは日本女子大学大塚美智子教授監修により産学共同開発で行いました。パッド開発については以下の要領で実験・検証が行われ、その有効性が実証されています。

<「パッド開発」の実験結果(※1)について>
人が転倒した時の衝撃をいくつかの参考文献から“高齢者の大腿骨骨折のエネルギー”を想定し、この数値を基に衣服へ適用可能なパッドの実験・検証を実施。実験の結果、パッドにより衝撃低減機能に差異があることが認められ、最も優位に衝撃を低減するパッドを見つけることができました。詳しくは以下HPをご覧ください。

「Walka(ウォルカ)」公式オンラインストア: https://www.walka.jp/

(※1)実験結果は、2020年11月時点での開発内容による

<日本女子大学大塚美智子教授からのコメント>
パッドの役割として転倒による衝撃軽減が最も重視されますが、一方で衣料品においては外観も同じく重要なポイントになるかと思います。これらの性質は相反しており、機能を重視すればパッドの硬さや厚みが増し目立ってしまい、また目立たないようにパッドを柔らかく薄くすれば衝撃の軽減効果を得ることは難しくなります。この相反した課題を共同研究としてユニコと一年にわたり検証しました。これらのパッドは縫製仕様によって外観に大きな支障がないよう工夫され、大腿骨に用いた衝撃吸収材は緩衝作用が高いだけでなく軽量で、通気性も変形性もあるため、しっかりした硬さに比してフィット性もあります。今後素材開発やデザイン性によって、更なるファッション性と着用感を両立させた他にはない製品に発展してゆくことを期待しています。

■商品概要
ブランド名 :Walka(ウォルカ)
発売日   :2020年12月9日(水)
販売先   :オンラインストア https://www.walka.jp/
ラインアップ:合計29型(インナー12型/中間着9型/外出着8型)
参考価格  :トップス 税抜7,500円~ インナーレギンス 税抜9,800円~
商品に関する問い合わせ:株式会社ユニコ Walka担当

■会社概要
社名   : 株式会社ユニコ
所在地  : 東京都中央区日本橋富沢町9-10 稲村ビル2F
代表者  : 代表取締役社長 中西 英雄
設立   : 平成6年12月15日
資本金  : 310,000,000円
事業内容 : 繊維製品・ユニフォーム類の企画・製造・販売・海外・
       国内生産及び貿易業務、物流システムの構築、レンタル
URL    : https://www.uniform.co.jp/

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

トップへ戻る ホームへ戻る