高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年07月19日

働く人のための「ワクチン休暇」~あらためて確認を。

新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促す目的で、企業などが設ける特別有給休暇。政府の要請を受けて導入する動きが広がりつつあります。
通常の年次有給休暇とは別枠で設定するのが一般的。働く者の場合、接種は休日に集中しがちです。それを防ぐのも狙いの一つで、特別休暇の取得によって平日に行けるようにしました。

接種当日だけでなく、後で痛みや疲労などの「副反応」の症状が出た場合も休暇の対象にするケースが少なくありません。家族が接種する際の付き添いや副反応の看病まで対象を広げるケースも報告されています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る