高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年10月05日

温室効果ガス「疑う余地なし」~IPCCとは?

IPCCとは「国連の気象変動に関する政府間パネル」の略で、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)が設立した国際機関です。

このほど最新版報告書を公表し、人類が排出した温室効果ガスが地球温暖化の原因であることは「疑う余地がない」と断言。産業革命前からの気温上昇が1・5度に達する可能性があると指摘しました。

温暖化によって世界のほぼ全ての地域で熱波や干ばつ、豪雨などの極端現象が増加して農業や生態系に影響を与えること、氷河の消失や海面上昇が今後数千年続く可能性などを予測しています。

温室効果ガス排出削減に向け、各国の対策強化や個人の生活見直しなどが求められています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る