高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年06月26日

健康維持の鍵はウォーキングの継続!日本1周8955㎞が目標?バーチャル日本一周「歩こうかい」の活動

14125287

運動は何歳になっても続けるべきことのひとつだ。しかし、普段の運動量や個々の体力、健康状態によって、どんな運動を選ぶかが大切になってくる。もし読者の方がもう何年も運動していなければ、お勧めなのはウォーキングだ。ところで、ここでもひとつの懸念がある。それは継続できるかどうかだ。そこで、『バーチャル日本一周歩こうかい』を紹介しよう。

歩いた距離ネット上で管理

『バーチャル日本一周歩こうかい』(以下『歩こうかい』)とは、一言で言うと健康のためにウォーキングを推奨するサイトだ。歩いた距離をインターネット上で管理しながら、日本一周分の距離8千955㎞を歩くことを目標としている。このサイトの運営母体であるNPO法人健康ウォーク21代表・園田義夫さんに、『歩こうかい』設立のきっかけを聞いた。

「27~28年前、二人の兄が生活習慣病を患ったのがそもそものきっかけです。高血圧の家系でもあり、私自身の生活習慣病の予防のために、健康管理をウォーキングに託すことにしたのです。そして、2回目の日本一周達成も間近というとき、『この考え方をインターネットで提供すれば、多くの人がウォーキングを継続できる』と思ったのです。継続することが健康維持につながりますからね」

1面「歩こうかい」29年6月号写真2

日本一周歩こうかいのWEBサイト

園田さん自身は、毎日のウォーキングを欠かさない。出社前、出社後から就業前、昼食後と時間を作っては歩く。こうして1日2万~2万5千歩歩くという。

 小さな達成の繰返しが継続する気持ち後押し
日本のどこからでもスタート可

園田さんは言う。
「高血圧の薬は飲んでいますが、深刻ではない。生活習慣病にもならずに過ごせています」

『歩こうかい』の仕組みはこうだ。日本のどこからでもスタート可能。出発点がゴールとなり、主要都市を訪れながら日本を時計回りに進んでいく。
『歩こうかい』に会員登録し、自分のページに歩いた距離をはじめ基本情報を書きこむだけで、ゴールまでの残りの距離や歩いた距離のトータルなどが更新される。
また、地図上で道程をたどることもできる。トップページに日本ウォーキング協会のリンクが貼られており、そこからの情報で日本ウォーキング協会のイベントに参加する人も多いようだ。

「寝込み年齢」に5~7歳の差

園田さんは、サイトに参加する効果を、こう語る。

「サイトには掲示板があるのですが、多くの方がそこで自身のウォーキングを報告してくれます。参加したイベントや距離、歩きながら見た風景や各地の特産品の写真など……。それが他の会員たちの励みにもなっているようです」

中には仲間同士で登録し、順位付けをする人もいるそうだ。ちなみに、仲間同士の会員番号は枝番になっている。

「まず、漫然と日本一周を目指すのではなく、向かう方向の最短距離の県庁所在地を目指すのがコツです。ここまで来た、次はここまで、と小さな達成の繰り返しが継続する気持ちにつながります。また、観光地を訪れるのも楽しいですよ。インターネットで名所や名産品を調べて旅行気分を楽しむのもいいですね」

これならウォーキングも長続きしそうだ。

最後に園田さんはこう言った。

「私はデイサービスを経営しているのですが、ウォーキングをしている人としていない人では、やがて寝込むようになるまでの年数に5~7歳ほどの差があると感じています。ウォーキングはそれほどまでにお勧めなんですよ」

天気や体調によっては休むことも念頭におきつつ、より一層ウォーキングを楽しみたいものだ。
なお、『バーチャル日本一周歩こうかい』に興味のある方はこちらにアクセスを。

http://www.walk-21.com/

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る