高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2020年11月26日

電話の声を高齢者でも聞き取りやすく補正し 電話応対の品質向上を実現する「テレコムエイダー」を開発。コールセンターや金融機関の負荷軽減と顧客満足度向上に貢献

デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、コールセンターや金融機関の店舗などで電話応対を行うオペレーターの音声を、受話者に聞き取りやすく補正し明瞭化する機器「テレコムエイダー/TelecomAider」を開発しました。12月中旬から提供開始します。

本製品は寿通信機器株式会社の協力の下、同社の特許技術である「音声明瞭化モジュール」を搭載しており、オペレーターが使用するヘッドセット・受話器と電話機の間に接続して使用します。特長としては、複雑な設定が不要なため手間なく導入することが可能であり、スイッチ一つで簡単にオペレーターの声を明瞭化し、高齢者でも聞き取りやすい音声にすることができます。

テレコムエイダー

使用イメージ

【背景】
現在通信販売市場は拡大を続けており、幅広い年齢層の生活者がインターネットや電話を使用して商品・サービスを購入しています。特に近年高齢者からの電話での商品・サービスの問い合わせが増加傾向にあり、オペレーターの声が聞き取りづらいことによる聞き返しが多いため、企業は電話応対の長時間化に起因するコールセンターの待ち時間増加や、顧客満足度の低下、オペレーターの負荷増大といった課題を抱えています。

トッパンフォームズは企業と生活者の電話におけるコミュニケーションの円滑化を実現するため、「テレコムエイダー」を開発しました。

【今後の展開】
トッパンフォームズは「テレコムエイダー」をコールセンターや金融機関の店舗、通信販売業界、運輸業界などを中心に販売し、2023年までに4億円の売上を目指します。

各企業がテレワークを推進している中、コールセンター業界も在宅での電話応対業務を検討しています。当社は今後そのようなニーズに応えるため、ソフトフォン(インターネット経由での通話)にも対応した開発を進めていきます。

【製品仕様】
品名:テレコムエイダー
定格電源:AC100V 6VA 50/60Hz
消費電流:5V/25mA
外形寸法:幅100mm×奥行100mm×高さ40mm
重量:180g
使用環境温度:0℃~45℃
環境対応:鉛フリーはんだ使用
ACアダプター:トランス方式 6V/0.3A PSE規格準拠
以上

※「デジタルハイブリッド」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。
※「テレコムエイダー/TelecomAider」は、トッパン・フォームズ株式会社にて、商標登録出願中です。
※その他記載された製品名などは各社の登録商標あるいは商標です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る