高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年11月26日

「ゲートボール仲間に手作りマスクをプレゼントしました!」~本紙読者投稿より

コロナコロナの毎日で楽しいお稽古事がお休みとなり、残念でなりません。

 

私は61歳の時、71歳の兄から『日本老友新聞』を紹介され、何度か投稿を繰り返してきました。

その後は主人が亡くなり、弟も、姉も……不幸続きで、投稿できない状況でした。

ですが先月の老友新聞本紙に、投稿が採用されたときに賞品として貰える「老友手ぬぐい」でマスクを作ったという他の人からの投稿文を拝見しました。私の兄は老友手ぬぐいで「老友浴衣」を2枚以上完成させており、私も「今からでも遅くはない、兄の元気なうちに手ぬぐいでマスクを作り、送ってあげたい」……そう思い、投稿を再開しました。

 

兄は97歳ですが、日々元気で、朝5時に起きて電動自転車に乗り、田んぼや畑の散歩をしております。

私もおかげさまで86歳になり、現在ゲートボールを続けております。私たちのゲートボールの会に、最近2名、お若い主婦の方が入会されました。

老友新聞のお話をして、手ぬぐいでマスクができるから私が縫ってあげることにしました。立派なマスクができ、ゲートボール仲間の皆様と楽しく日々練習をさせていただいております。

新会員の方は大変老人を大切にしてくださります。ゲートボール会員が減少している中で、感謝しております。(大阪府 M・Y)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る