高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2021年07月26日

日本初!高齢者から光齢者へ! シニアが生き生きできるコミュニティ『共創コンソーシアム』発足!

~元気なシニアに自宅や職場以外での新しい居場所を提供~

『スマートプラチナ社会推進プロジェクト』発足

デザイン制作・企画事業を展開する株式会社パル・コーポレーション(所在地:神奈川県横浜市/代表:伊藤 晶美)と企画支援事業を展開する株式会社MEGAホン(所在地:東京都港区/代表:千葉 陽平)らは、企業経営ネットワーク ビズテリア・クラブ(所在地:神奈川県川崎市/代表:勝山 牧生)内での企業コンソーシアムによる事業展開を開始します。団塊の世代が75歳以上となる超高齢化社会『2025年問題』をうけ、元気に活動する65歳以上のアクティブシニアが安心して「生活」「学び」「仕事」ができる場を提供するという内容で現在参加企業約30社でのコラボ事業となっています。包括的に実現できるプロジェクトとして、『スマートプラチナ社会推進プロジェクト』を発足いたしました。

◆ スマートプラチナ社会推進プロジェクトのポイントは大きく3つ

① 健康

② 生きがい(社会貢献、仕事なども)

③ 過去の振り返り及び現在未来の展望作り(自分史)

※写真はすべてイメージ

スマートプラチナ社会推進プロジェクトは『新しいシニア世代・光り輝く世代(光齢者)の創出』をブランドスローガンに、一人一人の高齢者のみなさまと「新しい明日」をともに創りあげていくために、社会課題と向き合うプロジェクトです。「一人一人の生きがいの発見・人生での感動・後世への生き方の規範となることこそが、新しいシニア世代(光齢者)が作る新しい社会である」とするこれまでにない視点や考え方を活かした同プロジェクトには、理念に共鳴し共創する全国の企業および個人30社が賛同しています。(2021年6月現在)

●参加企業
一般社団法人グッドウェルス、株式会社DFB、株式会社パル・コーポレーション、株式会社MEGAホン他

このたびのこのプロジェクト第一弾として、10月末オープンを目指して岡山県岡山市でのホテルでの展開を予定しています。
詳しい内容については、以後順次リリース発表してまいります。

■お問い合わせ先(コンソーシアム事務局 担当:伊藤) mail:pal_corporation@pal-ltd.co.jp
◆プラチナ社会推進プロジェクトとは?〜高齢者を光齢者へ〜
生理現象でもある『老い』。これだけの高齢者社会になるとは、高度成長時代には思いもよらないことでした。高齢者を65歳以上と定義したとき、人口分布で4人に一人が高齢者になるならば、『4人に一人が生き生きと生きられる光齢化社会の実現こそがこれからの日本において急務である』と考え、光り輝くプラチナ社会を推進するプロジェクトとして立ち上がりました。

プラチナ社会の推進のため、プラチナ社会推進プロジェクトでは『プラチナサードプレイス(アクティブシニアの新しい生活)』を提案します。

アクティブシニアの新しい生活とは、サードプレイス(第三の場所)としての住まい、仕事の場、コミュニティでの活動場所を指しており、その中でも特にコミュニティでの活動場所に焦点を当て、そこで生まれる仕事も含めて支援していこうというプロジェクトです。
その結果、新しいシニア世代(光齢者)光り輝く世代の創出、光齢化社会の実現を目指します。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る