高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2022年08月02日

「ゼロカーボンパーク」ってご存知ですか?

ゼロカーボンパークとは脱炭素に取り組む国立公園エリアのこと。環境省と自治体が推進する取り組みです。

国立公園と周辺エリアでの電気自動車の利用、利用施設での再生可能エネルギーの活用、地産地消などの取り組みを進めることによって脱炭素化をめざします。併せて、脱プラスチックを含めた持続可能な観光地づくりを通して、来訪者に脱炭素・脱プラ型のライフスタイルや取り組みを普及啓発していく狙いもあります。

2021年3月に中部山岳国立公園の乗鞍高原(長野県松本市)が第1号として登録され、今年4月登録の尾瀬国立公園の尾瀬かたしなエリア(群馬県片品村)まで、全国に7カ所あります。

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る