高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2020年11月16日

「シルバー会の体操教室に参加。やっぱり仲間と一緒が楽しい!」~本紙読者投稿より

一体いつまで続くのでしょう?

突然降って湧いたような新型コロナ。ジリジリと人間社会に喰い入って恐ろしい牙をむいて、隙あらばと狙っています。

長い自粛生活で日常生活や行事の流れも狂ってしまい、私どもは迷ってしまいます。

 

唯一の楽しみはサンサンシルバー会の毎週土曜日の体操教室です。住み慣れた二軒家の人たちと顔を合わせ、お互いの無事を確認することができるのです。

マスク、手洗い、手指の消毒は勿論、あまり大きな声を出すことも慎み、人との間隔をとります。

会長さんの挨拶があり、連絡事項もあり、「静岡でんでん体操」に移ります。一週間ぶりの体操を、この時とばかりに、自分としては精いっぱいにやります。毎日家でもやればよいのですが、自分一人ではやる気にもなれずに時が過ぎてゆくのです。やはり友達を頼っているのでしょうか。

体操の第一、第二が終わり、休憩に入ると水分を補給します。そのとき、前会長さんが手指を動かし、脳に刺激を与えるゲームや脳の体操など教えていただき、思う通りには行かず、笑いながら考える一コマもあり、心もほぐれます。みんなと一緒にやれば本当に楽しいです。

最後の運動は、無理はせず座ってやっても良いものです。もうひと頑張りです。夢中で頑張ります。

そんなこんなで二時間はあっという間に過ぎていきます。また来週合うのを楽しみに、暑い中を帰路につきます。

 

一日も早くコロナから抜け出し、明るい生活ができるよう念じております。(静岡県 T・M)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


トップへ戻る ホームへ戻る