高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2022年01月17日

男性の育休アンケート「妻の負担軽減」8割超

子育て中の既婚男女の約7割が男性の育児休業は必要と回答――。明治安田生命がこのほど発表した「子育てについてのアンケート調査」(回答1100人)の結果です。

2021年6月に育児・介護休業法が改正され、22年4月から男性の育休取得促進策が段階的に施行されます。男性の育休について聞いたところ、「必要」が69.6%に上りました。必要とした理由は「妻(女性の場合は自分)の負担軽減のため」が84.7%でトップです。

一方、育休を取得した男性の約9割が子育てに「よい変化があった」と回答。具体的には「子育ての大変さがわかり、配偶者をもっとフォローしたいと思った」などが並びます。

この調査での育休取得率は3割未満。給与の減少や職場の雰囲気への不安などから取得を諦めた人も多く、今後の取得促進策の拡大が求められています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ
トップへ戻る ホームへ戻る